シグナリフトがどうしてエイジングケアに対して効果を発揮するのか?

シミやしわに効く代表的な成分を1つ1つ確認しました。

管理人のようにシグナリフトを使うとなぜ今までよりも若々しく見られるようになるのか疑問を持っている人はご覧ください。

シグナリフトの全成分

全成分

水、プロパンジオール、ペンチレングリコール、チレッタセンブリエキス、ヘキサペプチド-33、スフィンゴミエリン、オリゴペプチド-24、オリゴペプチド-34、オリゴペプチド-41、デカペプチド-4、カプロオイルテトラペプド-3、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、カルボキシメチルヒアルロン酸Na、水溶性プロテオグリカン、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、ヒメコウジ葉エキス、水添ホスファチジルコリン、フィトステロールズ、セラミドNP、フラーレン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、シア脂、カプリル酸グリセリル、グリセリン、キシリトール、デキストラン、マルトデキストリン、キサンタンガム、BG、PVP、カルボマー、水酸化K

シグナリフトの代表的な6つの成分

代表的な6つの成分女性の気になるシワやたるみに効果的な美容液として女性医師からも絶賛されている〈シグナリフト〉!

配合されている代表的な6つの成分は、シグナペプチド・EGF・HGF・KGF・IGF・TGFとなっています。

これらの成分って、横文字やアルファベットばかりなので、名前だけを聞いてもいったいどんな特徴や河野がある成分なのか、ピンとこないですよね。

ここでは、代表的な6つの成分について、特徴やお肌への効能を1つ1つ解説していきますので、商品に興味を惹かれているみなさんもぜひ参考にしてくださいね♪

シグナルペプチドの一種の成分①シグナペプチド(シグナルペプチド)

『シグナペプチド』は、シグナリフトの開発会社であるセルソースが登録商標成分として配合し、シグナルペプチドの一種となっています。

シグナルペプチドには、タンパク質の中の一部分という特徴があり、そのタンパク質をカラダのどの部分に送ると効果的なのかを決める【伝票】のような役割を持っています。

例えば、小さな段ボール箱をイメージしてみましょう。

イメージしたこの段ボール箱がタンパク質だとすると、箱に張られている宅急便の伝票がシグナルペプチドになるのです。

『シグペプチド』には、お肌にハリやツヤをもたらす弾力成分の代表、コラーゲンの生成の促してくれます。

傷の治りをスピーディーにしてくれる成分②EGF

続いてご紹介するEGFは別名【上皮成長因子】と呼ばれています。カラダに投与されると、細胞の働きが活性化されるため、傷の治りがスピーディーになる成分です。

美容大国のアメリカで行われた臨床試験では、EGFを配合したローションなどのスキンケア商品を2ヶ月間、毎日朝昼2回使用したところ、細胞の成長速度が2倍から最大で8倍になったことが報告されています。

肝細胞増殖因子の成長因子成分③HGF

HGFは【肝細胞増殖因子】と呼ばれる成長因子の1つです。

わたしたち人間のカラダは、2つの再生機能を持っています。

1つ目は何にでもなれる役割がまだ決まっていない幹細胞増えて、最終的には血液や皮膚に変わる機能です。

もう2つ目は、肝臓や肺などが傷ついしまった時に、まだ傷ついていない肝臓や肺など部分の細胞が分裂して傷を修復する機能を持ちます。

HGFは、2つ目のまだ傷ついていない細胞が分裂してしまうことを助けることが可能なのです。

成長促進してくれる因子成分④KGF

KGFはEGFと同じような働きを持ち、上皮の成長を促進させる因子です。

そのため、皮膚の角化表皮細胞の再生を促してくれるんです。

わたしたちの皮膚の表面には、KGFやEGFを受け入れるためのカギ穴のようなものがあります。

このカギ穴にKGFが収まると、細胞の増殖が始まります。

コラーゲンや保湿をサポートしてくれる成分⑤IGF

IGFは骨格筋の成長に必要不可欠なグルコースやアミノ酸、カリウムの取り込みを促進したり、タンパク質の合成促進を活発に行うインスリンの分泌を促す因子です。

傷ついて壊れた細胞を修復・再生しながら、失われたコラーゲンや保湿成分のエラスチンとヒアルロン酸を生成できるよう、サポートをしてくれます。

成長因子成分⑥TGF

TGFはコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の成分である、線維芽細胞の分裂を促進させる成長因子。別名ではトランスフォーミング・グロー・ファクターとよばれています。

年齢を重ねた多くの女性が気にしている、お肌のたるみやシワの原因であるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の不足や減少を抑えることで、年齢を感じさせない若々しい美肌へと導きます。

シグナリフトの代表的な6つの成分まとめ

代表的な成分のまとめどの成分も、成長を促す因子としては同じ働きを持つことがわかりましたね。

では、どうして同じような成分を複数個も配合したのか、管理人も含めみなさんも気になりませんか?

複数の同じような効果を持つ成分を1度に使うことによって、効果が得られないというトラブルを避けるためなんです。

わたしたちのカラダにはそれぞれに個人差があるため、ある成分の効果が実感できても、別の成分の時は全く効果が実感できなかったということもあります。

また、その時々の体調やお肌のコンディションによっても効果の出方は左右されますので、安定した細胞を再生させるためには、複数の同じ効果を持つ成分を1度に使うことがとっても大切なんです。

1種類しか成長因子が入っていない場合、昨日はお肌にうるおいがあったけど、今日は乾燥してる…。

そんなトラブルを感じさせないのが、シグナリフトの大きな魅力ポイントです♪

シグナリフトの効果や口コミはコチラ